日大のアメフト部の選手が他大学との試合中にラフプレーをして問題で、いろいろなことが明らかになってきました。
アメフトのことを何も知らない私は、当初、やんちゃな選手が興奮してラフプレーをしたかと思ったのですが、そんな簡単な事ではありませんでした。
自分がしてしまったラフプレーのことを反省し謝罪した選手は偉かったと思います。
そして、私は彼のラフプレーの責任は彼のせいではないと思いました。
監督やコーチから反則をして相手を潰さないとお前を試合に出さないという命令はほとんど脅しだと思います。
マインドコントロールと言ってもいいかもしれません。
若くて才能あふれる正直だった日大の選手の未来が明るいものになることを祈るばかりです。
その一方、ラフプレーを支持した監督やコーチの会見にはあきれました。
責任を選手に押し付けるような会見でしたし、自分の言ったこともごまかすし、なんといっても、その会見の司会者の偉そうな態度は社会には通用しませんよね。
記者の方が、あなたの対応が日大のブランドを落としていると教えてくれたのに、「落ちません。」と強気でい言ったことも謙虚さのかけらもなくてびっくりです。
嘘つくならそこだろうと思いました。
謝罪会見で謙虚さどころか横暴さを見せるなんて火に油で、本当に日大ブランドイメージがた落ちです。
日大は社会にもまれて清く生まれ変わるべきだと思いました。
学生のためにも。ミュゼ 980円